オーガニックコットンの栽培に向けて7

 

世界で1%程しか割合のないオーガニックコットンですが、日本ではその生産数は少なく未だ国としての生産量は確保出来ておりません。

 

 

3年間薬品を使わず大切に育てられた畑を使用し、

栽培期間中は害虫に強い昆虫を放ち、無農薬で生産すること。

ざっくりと説明をしましたが、管理は大変で日々大切に畑と向き合わなければオーガニックでの生産は難しいそうです。

 

かねてからそんなオーガニックのコットンを生産したいと考えており、

その第一歩として先日、地元広島市で畑作りに参加してきました。

 

まずは山の腐葉土を採取し、未使用の畑に栄養を与えるところから。

普段使わない体を使い心も体も清められるような気持ちで作業ができました。

https://www.instagram.com/p/B5DO1iNh6LV/?igshid=1q5bsc0fip7hf

今回は期間が短く全てに腐葉土を与えることは出来ませんでしたが、5月の種植えに向けて少しずつ準備を進めていこうと思っています。

 

この場でこれからもコットン栽培について記していこうと思っておりますのでよろしくお願いします。

 

またインスタグラムでもご紹介しておりますのでチェックしてみてください。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

RELATED